文例・敬語の使い方・意味

とりあえず


TOP例文一覧

意味きちんとした対応をするまえに、という意味を持つ副詞。その他の言い回しに、「取り急ぎ」「略儀ながら」「差し当たり」などがある。


  • 取り急ぎメールにてご連絡まで。
  • まずは、とりあえず書面にてお詫び申し上げます。
  • まずは、とりあえず書面にてご挨拶まで。
  • 拝啓 新緑の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
             <省略>
     まずは、とりあえずお見舞いまで。            敬具

    以下は時候の挨拶の文例です。
  • 近日中にあらためてお礼におうかがいいたしますが、まずはとりあえずお手紙にて
  • 日をあらためまして御礼にお伺い申し上げますが、とりあえずご報告かたがた御礼申し上げます
  • まずは、とりあえずご報告かたがたご挨拶申しあげます。
  • 末筆ながら○○様によろしくお伝えください。まずは、とりあえずお扎のみ申し上げます。
  • 何かとお忙しいことと存じ、とりあえず心ばかりのお祝いの品を送らせていただきました。
  • 取り急ぎ、用件のみ申し上げます。
  • 差し当たりご入用と思われる品をお送りいたしました。
  • とりあえずご注文のお請けかたがたお礼まで。
  • とりあえずお手紙にて、幾重にもお詫び中しLげます。
  • 末筆ながら奥様によろしくお伝えください。まずは、とりあえずお礼のみ申し上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



とりあえず

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.