文例・敬語の使い方・意味

わかりました/かしこまりました


TOP例文一覧

意味「わかりました」は、「理解した」「引き受けた」ことを相手に伝えるときに使う丁寧語です。対等な立場の人に対して使います。立場の上の人(かしこまる必要がある相手)に対しては「かしこまりました」という表現を使います。同義語に「承知いたしました」「承りました」「お受けいたします」などがあります。


  • ご依頼の件、承知いたしました。
  • お申し越しの件は承知いたしました。
  • かしこまりました。中田に申し伝えます。大西が承りました。
  • このたびのご予約、確かに承りました。
  • はい、かしこまりました。20部ですね。(上司から仕事を頼まれたとき)
  • はい、かしこまりました。それではこちちでよろしいですか。
  • あいにく村山は、外出しております。
    よろしければ、私、川口がご伝言を承ります。
    かしこまりました。その件は確かに佐藤に申し伝えます。川口が承りました。
  • かしこまりました。ただ今からお届けにまいります。
  • 承知いたしました。本日は、お忙しいところ誠に失礼をいたしました。
  • わかりました。早速検討させていただきます。
  • 当方の手違いによる誤送であることがわかりました。
  • ご事情はよくわかりました。
  • ○○の件ですが、お受けすることにいたします。お役に立てれば幸いです。
  • 当方の手違いによる誤送であることがわかりました。お忙しい中お手数をおかけいたし、誠に申し訳ございません。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



わかりました

敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.