文例・敬語の使い方・意味

よろしければ


TOP例文一覧

意味相手に頼みごとをするときなど、言いにくいことを伝えるときに使用するクッション言葉の一つ。厚かましい表現を和らげる働きをします。口頭、文書問わず使うことができます。
ビジネスシーンでは、次のように使います。


  • よろしければ皆様でお召し上がりください。
  • あいにく係長の大西は外出しております。よろしければご用件を承ります
  • あいにく課長の佐藤はただいま外出しております。よろしければご用件を承ります。
  • あいにく村山は、外出しております。
    よろしければ、私、川口がご伝言を承ります。
    かしこまりました。その件は確かに佐藤に申し伝えます。川口が承りました。
  • 詳しいことは分かりかねますが、もしよろしければ、私のほうで承ります。
  • よろしければ本人からご連絡させますので、ご意向をお聞かせください。
  • 私のような者でよろしければ喜んで引き受けさせていただきます。
  • 突然のメール失礼申し上げます。
    お忙しい中、大変恐縮ですが、もしよろしければ一度御社を訪問させていただきたいと考えておりますが、いかがでしょうか。
    ご連絡をお待ちしております。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.