文例・敬語の使い方・意味

残念ですが


TOP例文一覧

意味相手の要望や申し出を断るときに使うフレーズ。類語に「残念ながら」「不本意ながら」「遺憾ながら」「あいにく」などがある。


  • 〜〜に件につきましては、残念ながら今回は、見送らせていただきたくお願い申し上げます。
  • 慎重に協議いたしました結果、残念ながら希望に添いかねることとなりました。
  • ご注文の品は、現在も品切れの状態でございます。誠に不本意ですが、今回のご注文はお断りせさざるをえません。
  • 誠に残念ながら貴意に添い得ず、このたびはお断りせざるを得ません
  • 遠方にてお見舞いにも参上できず誠に残念ですが、なにか私でもでお役にたつことがあれば、なんなりとお申しつけください
  • 残念ながら弊社の本年度の新規採用枠はすでに定員に達しております。
  • あいにく当日は先約がありますので、欠礼させていただきます
  • 去る5月20日付のお見積書を拝読いたしました。弊社で検討を重ねましたが、残念ながら貴意に添いかねることとなりました。
  • せっかくのお話で真に残念ですが、今回はお断り申し上げます。
  • 誠に残念ですが、現在は新規収引のお申し込みをご遠慮させていただいております。
  • 誠に不本意ですが、人社希望者多数につき今回は採用を見合わせることとさせていただきました。
  • お役に立てずまことに残念ですが、どなたか適当な方をお探しいただきたく存じます。
  • 誠に残念ですが、同品は現在品切れとなっております。
  • 残念ながら現在の弊社の状況では貴社のご希望にお応えすることが難しく、ご辞退申しあげることにいたしま
    した。
  • あいにくどこの店でも品切れの状態で、ご要望の10月10日までの納入が困難な状態でございます。
  • 誠に遺憾ながら現在弊社にも在庫がなく、ご希望の日時までには納人いたしかねる状態でございます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.