文例・敬語の使い方・意味

前略


TOP文例集一覧

意味前文の挨拶を省略して、すぐに本文に入るときに使用する頭語です。「草々」や「かしこ」で結びます。見舞状を出すときや送金のお願い、請求書の再送付、カタログを送付依頼、注文した商品が未着であった時など急ぎの用件や親しい間柄の人に手紙を出すときに使用します。目上の人には使うわなのが基本です。

「前文お許しください」や「葉書で失礼いたします」と書くこともできます。


  • 前略 3月7日付ご請求のご送金が遅れてしまい、誠に申し訳ございません。
  • 前略 当社は、貴殿を就業規則第23条によって本状送達の日より三十日後に解雇いたします
  • 前略 一昨日電話でお願いいたしておりました、○○の注文の品を下記のとおり訂正いただきたくお願いいたします
  • 前略 8月21日付でご注文申し上げました○○家具の注文をお取り消しいただきたくお願いいたします
  • 前略 取り急ぎ、用件のみ申し上げます。
  • その後すっかりご無沙汰していますが、お元気ですか。
  • 昨日は大変失礼いたしました。
  • このたびは、当社入社試験にご応募いただきまして、ありがとうございました。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.