文例・敬語の使い方・意味

存じ上げる


TOP敬語一覧例文一覧

意味「知る」「思う」の謙譲語。類語に「存ずる」や「拝察する」があります。
ビジネスでは、以下のように使います。


  • ご慰労をかねて、忘年会に招待したく存じます。
  • かねてより○○に御寄稿いただいたいと存じておりました。
  • ご高名は、かねて存じ上げております。
  • お世話をいただき、誠に僭越ではございますが、このたびのお話はお断りしたいと存じます。
  • ○○試験合格ということで、ご本人はもちろん、お父様もお母様もお喜びのことと存じます。
  • ご療養中のお体にはさぞかしお辛いことと拝察申し上げます
  • 激務などが重なってのご発病ではないかと、お察しいたします
  • 御社のことは以前から存じ上げており、これを機にぜひ弊社とお取引をお願いできないものかと、恐れながらご連絡を差し上げた次第です
  • 存じ上げないこととは申しながら、ご挨拶が遅くなりたいへん失礼いたしました
  • 社員の皆様のご意向をぜひ伺っていただきたいと存じます
  • 各地から桜の便りが聞かれる季節となりましたが、皆さまにお元気でお過ごしのことと存じ上げます
  • 春寒ようやくゆるむ候、先生には、その後お変わりなくお過ごしのことと拝察いたします
  • 大変ご無沙汰いたしておりますが、お元気でご活躍のことと存じ上げます。
  • 先月から勤務先が変わりまして、係長が入院したことについては存じ上げず、大変失礼いたしました。しかし日増しに快方に向かっておられるとのことで、安堵しております。
  • ふだんご無沙汰しておりますばかりに、ご入院なされたとは存じ上げず、失礼の段あしからずお許しください。
  • 詳しいことは分かりかねますが、もしよろしければ、私のほうで承ります。
  • このたび○○に受賞されたのも、これまでの貴殿のご功績が高く評価されてのことと存じあげます。
  • 心からうらやましく存じ上げます。




ビジネス文書お助けツール「MC2」/時候の挨拶や結びのあいさつ、その他さまざまなフレーズの整理や取り出しに便利なアプリ。



敬語とビジネス文例集リスト

エクセル使い方まとめ

Copyrught(c)2007 文例の森 All Right Reserved.