ーExcel(エクセル)まとめー

個数(生徒数や商品数、出席人数など)を求める

使い方一覧



商品数や生徒数など数を求める

動画

関数 =COUNT(数値1、数値2、数値3・・・)

1.個数を出力するセルを選択する

2.数式タブ→オートSUMボタン→数値の個数(C)の順にクリックする。数式バーには=COUNT()と表示され、括弧内でカーソルが点滅します。

3.数値の入力されたセルをすべてドラッグして選択する

4.ENTERキーで確定すると、個数が表示されます。

参考

生徒の人数、商品数、会員数、参加者数、出席人数などを調べる際に便利な関数です。

・この関数を使用する際は、数値が入力されている必要があります。








エクセル操作のまとめリストNo

列の幅を変更する   セルの色を数値ごとに一括で変更する   指定した文字列を含む行をすべて除外する   マウス操作で罫線(枠線)を引く方法   個数(生徒数や商品数、出席人数など)を求める   英語の小文字を大文字に変換する   excelのファイルにパスワードを設定する   選択したセルの部分のみをHTMLファイルとして書き出す方法   %(パーセント)に変換する方法   小数点以下の桁数を0を加えてそろえる