ーExcel2010(エクセル)まとめー

円グラフの作成と文字の配置

使い方一覧



ボタンがないときはこちらをご参照ください。

動画

円グラフの作成方法

円グラフは、元の数値をすべて合計して、そこから各数値の占める割合(%)を自動的に計算して円グラフを生成します。

  1. 円グラフのもとになるデータが入力されたセルをすべて選択する。
  2. 挿入タブをクリック
  3. 円ボタンをクリック
  4. 表示されるグラフのスタイル一覧から、ひとつ選択する
  5. ワークシート上に円グラフが出力されます。

文字などレイアウトについて

・デザインタブの中のグラフのレイアウトグループから、各データラベルの文字の配置場所やタイトルの配置場所の大まかな設定ができます。

・デザインタブの中のグラフのスタイルグループから、配色を変更することができます。

・レイアウトタブのデータラベルボタンから、データラベルを内側に配置するか、外側に配置するかなど、ラベルの詳細な設定ができます。

・凡例ボタンからは、凡例の配置場所、枠線のスタイル、影や光彩をつけるなど、凡例のレイアウトを変更することができます。

・テキストボックスを使用すれば、新たに文字を追加することができます。








エクセル操作のまとめリストNo

左揃えのままセル(ます)を結合する   ボタンを追加する方法。   値のみをコピーする方法   指数や化学式など数字を小さくしてセル上に表示する方法   区切り文字を境にセルを分割する方法   円グラフの作成と文字の配置   日付から曜日に変換する方法   折れ線グラフの作成とレイアウトの変更方法   レーダーチャートの作り方とデザインの変更   散布図の作り方