ーExcel(エクセル)まとめー

数値の大小を比較して、大きいほうを出力する

使い方一覧



数値の大きい方を出力する

動画ー数式バーに直接IF関数を入力する方法

関数 =IF(論理式、真の場合、偽の場合)

具体例(列Aと列Bを比較して大きい方を列Cに出力する)を使って解説します。

1.大小の結果を出力するセルC1を選択。

2.数式タブ→論理→IFの順にクリック

3.論理式に、比較するセルを2つ入力する。具体例では、A1をクリックして、 > と入力し、B1をクリック

4.真の場合のところでセルA1をクリックし、偽の場合のところでセルB1をクリックする

5.OKをクリックすると、A1とB1の数値の大きい方がC1に出力されます。

6.C1の数式を下方へドラッグしてコピーすれば、すべての列AとBの比較がCに出力されます。数式のコピーは、マスの右下角にマウスポインタをおいてそのままドラッグします。








エクセル操作のまとめリストNo

履歴書のテンプレートと作り方   ある文字(または数値)を含む行のみを抽出する方法   見積書のテンプレートと作り方   請求書のテンプレートと作り方   指定した数値と等しい値が入力されたセルと文字の色をすべて変える   全角文字列を半角文字列に変換する   半角文字列を全角文字列に変換する   発注書のテンプレートと作り方   数値の大小を比較して、大きいほうを出力する   行の高さを変更する