ビジネス文書・メールお助けツール「MC2」

8.-ファイルに保存するー

MC2の説明及びダウンロードはこちら

ビジネス文書ビジネスメールの基本

  1. インストール
  2. 基本的な機能を使ってみよう
  3. ボードに表示される行数を変更する
  4. テキストファイルを読み込んでみよう
  5. 定型文(サンプルファイル)を読み込む
  6. テキストファイルを結合する
  7. サブカテゴリを設定する
  8. カテゴリ別に分類する
  9. 複数行選択する
  10. ファイルに保存する
  11. パスワードなどを目隠しする
  12. ボードの文字を修正する
  13. ボードの文字を削除する
  14. カテゴリを削除する
  15. 検索する
  16. 置換
  17. サイズを変更する
  18. 起動と同時にファイルを開く
  19. アプリケーションの起動と同時にフォームを開く又は開かない
  20. アプリケーションを常駐させる又は常駐させない
  21. 文字列をコピーしてもボードには表示させないようにする
  22. ボードから文字列を取り出す際に置換する
  23. ワープロソフトなどから文字列がコピーされたらフォームを開く
  24. その他の環境設定

サブカテゴリに設定する

コピー

サブカテゴリを設定すると、上図のようにボードを左右2つに分割して、右側にサブカテゴリのタイトルが表示されます。
このタイトルをクリックすると、そのサブカテゴリの中身だけが左側のボードに表示されます。

<方法1>

  1. MC2のボードからサブカテゴリのタイトルに設定したい文字列を選択し、右クリックから「サブカテゴリに指定する。」をクリックします。
  2. すると、右側にボックスが表れて、サブカテゴリのタイトルだけが表示されます。

<方法2>

  1. MC2のボードからサブカテゴリのタイトルに設定したい文字列を選択し、ツールバーの緑色の「//」をクリックします。

<方法3>

  1. MC2のボードからサブカテゴリのタイトルに設定したい文字列の上でダブルクリックすると、その文字列を編集するダイアログボックスが表示されます。文字列の先頭に「//」を追加して、OKボタンをクリックすると、その文字列がサブカテゴリのタイトルに設定されます。

先頭へ

カテゴリ別に分類する

コピペ

上図のようにコピーしたものや、ファイルから読み込んだデータをカテゴリ別に分類することができます。

<方法1>

  1. メニューバーの「編集」から「データを新規カテゴリに登録する」を選択します。
  2. カテゴリ名を入力するダイアログボックスが表示されますので、カテゴリの名称(ここでは「パスワードなど」)を入力します。
  3. OKボタンをクリックすると、ツールバー上のコンボボックス(上図)に先ほど登録したカテゴリの名称が表示されます。下向きの三角の矢印をクリックすると、登録したカテゴリ一覧が表示されます。
  4. 白紙の画面に戻したいときは、「無題」というカテゴリを選択します。

<方法2>

  1. ツールバー上にあるコンボボックスの「無題」という文字をクリックして、カテゴリの名称を入力します。
  2. ENTERキーを押すと、メッセージが表示されますので「新規カテゴリ登録」ボタンをクリックします。

先頭へ

複数行選択する

クリップボード

<方法1>

  1. ボード内の文字列の上でマウスを押下し、上または下に向かってドラッグすると、複数の行を選択できます。

<方法2>

  1. CTRLキーを押しながら、ボード内の文字列をクリックしていくと、複数行選択できます。

先頭へ

ファイルに保存する

  1. メニューバーの左上にある「ファイル」から「名前をつけて保存する」を選択します。ツールバーから選択することもできます。
  2. ファイル保存用のダイアログボックスが表示されますので、ファイル名の欄に適当なな名前を入力して、保存ボタンをクリックします。(拡張子はXMLとなります。)

先頭へ

戻る

※当サイトは、リンクフリーです。

Copyright(c)2004 silvia All Right Reserved.-プライバシーポリシー